育毛ケアはバランスの良い食事から始まる!

育毛 食事 育毛のコツ

「育毛には食事から栄養とるのが大事なの?でも、育毛剤の方が効くでしょ」

その気持ちはとてもよくわかります。

でも、薄毛・抜け毛に本気で改善するなら、育毛の土台である食生活を見直すことも同じくらい大切なんです。

育毛を成功させるには生活習慣を整えることにかかっています。

生活習慣の中でも『食』の部分は、かなり大事。

なぜなら「医食同源」という言葉があるように、食生活を見直すことによって体を整えることができるんです。

偏った食生活が、薄毛・抜け毛の原因のひとつ。

なので「育毛を成功させたい!!」と本気で悩んでる人は、食生活の見直しで人生を変えることができちゃうんです。

それでは、フサフサの髪の毛をゲットするにはどういった栄養素を心がけて摂取したら良いのかをお伝えしていきますね。

どんなにいい育毛剤を見つけても、生活習慣がダメなら全く意味がありません。

まずは食生活を整えていきましょう。

意識して摂取しておきたい栄養素とは?

たんぱく質=アミノ酸

髪の毛はケラチンという硫黄を含んで硬いたんぱく質から形成されています。 このケラチンはアミノ酸から作られているため、髪の毛にはとても大切な栄養素です。 なので、どれだけ質の高い「アミノ酸=たんぱく質」を取り入れるかが育毛のカギとなってくるのです。 なぜ、アミノ酸を積極的に食品から取るように言われるのかというと、体内で生成できない9種類の必須アミノ酸をとりこまないといけないからです。 必須アミノ酸はどれか1つでも不足していると、歯車がかみ合わずに本来の働きをすることができません。 必須アミノ酸をバランスよく摂取するには食物からしっかり取り入れ、足りないモノをサプリメントで常に補うようにしなければいけません。 中でも、髪にとって重要なのはアミノ酸として「シスチン」がしっかりとれる食物を意識して取りましょう。 シスチンを多く含まれる食物 牛、豚、鶏、卵、牛乳、ウニ、スジコ、カニ、牡蠣、アワビ、ピーナッツ、大豆、ジャガイモ、納豆、小麦 これらの食物をバランスよく摂取するように心がけてください。 ※コレステロールの高いものやアレルギーを起こす可能性の食物もあるので、ご自身にあったものを選んでいきましょう。

ビタミン類

ビタミンには抗酸化作用がある他、髪に重要とされているビタミンB群。 B2(ピリドキシン)は美容ビタミンとも言われ、皮膚粘膜の強化や新陳代謝の活性化をしてくれる役目を持っています。 不足してしまうと、毛髪の代謝がわるくなり、ヘアサイクルに異常をきたし脱毛を起こしてしまう傾向にあります。 B2が多く含まれる食物 牛乳、うなぎ、ズワイガニ、レバー、酵母、チーズ、緑黄色野菜、魚、卵 B6(ピリドキシン)はたんぱく質の代謝に関係しているため、皮膚の抵抗力をつよくしたり、炎症を防いだり、皮脂の分泌を抑えたりする役目を持っています。 不足してしまうと、脂漏性皮膚炎や湿疹、カブレ、フケ、脱毛が起こりやすくなります。 B6が多く含まれている食物 ひまわりの種、小麦胚芽、レバー、米ぬか、豆類、くるみ これらのビタミン群にとどまらず、バランス良くビタミンを摂取することを心がけておくことが育毛を成功させるポイントです。

ミネラル類(亜鉛・銅・鉄)

亜鉛や銅のミネラル類は体内で生成することができない栄養素です。 一昔前は不足することが無いとされていましたが、土壌劣化問題で食物の栄養価が下がっていることから慢性的に不足気味になっています。 亜鉛の役割としては、たんぱく質や核酸、インシュリンの合成、新陳代謝の過程にとって必要不可欠です。 また、前立腺の働きをよくして生殖機能の発達や、生命維持に必要な酵素の構成要素となっています。 だからといって、過剰反応して大量に摂取しても逆効果となるケースがあります。 不足したり過剰になりすぎると、銅の不足を招き脱毛を起こすという事態になってしまいます。 一日の亜鉛の必要量は15mgと定義されていますが、25mgの摂取でも不足と見なされたケースもあります。 一回の射精で1~7mg、大量の汗で1~4mgといわれているので、個々の日常生活パターンによってかなり摂取量も違ってきます。 ミネラル類(亜鉛など)が多く含まれる食物 牡蠣、タラバガニ、しじみ、ホタテ、焼のり、ココア、カシューナッツ、アーモンド、スイカ、かぼちゃの種、肉類、魚類、海藻類、ぬか、くるみ、ネギ、大豆、まいたけ、小麦、ごま 海藻類は手軽で万能ながら育毛効果もあり! 海藻類であるワカメ、昆布、ヒジキ、めかぶなどにはビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれているので安価で摂取できながら、育毛環境を整えるのに最適な食物です。 さらに、海藻類に含まれるヌルヌルした粘質物はフコイダンといわれ、細胞の成長を促してくれるHGF(肝細胞増殖因子)を増やせるとして育毛効果に注目されています。 ※亜鉛が圧倒的に含まれている食物は、牡蠣が代表的です。しかし、牡蠣が毎日食卓に並ぶようなことはありませんよね…。なぜなら、値段が少々高いからです。 亜鉛の摂取は継続が大切なので、無理せず効率的に亜鉛を摂取することが大切です。

育毛にいい食事のとり方「

本気で育毛をするなら食材・食物への投資は欠かせないことをお伝えしました。
しかし、せっかく育毛に良い食材を食べても、間違った食べ方をでは、効率よく栄養素を吸収することができないんです。

そんなことにならないために、食事のとり方についてお伝えしますね。

食事のとり方次第で、育毛だけでなく、体調や体型も整ってきます。

頭皮環境を整える正しい食事のとり方

ゆっくり食べて太りにくい習慣を作る なぜゆっくり食べなければいけないかというと、満腹中枢という”お腹いっぱい信号”を脳から発令するのに、食べ始めてから20分後ぐらいかかるからです。 なので、いつも早食いしてしまっている人は、お腹いっぱい信号を発令するまでに沢山の量を食べてしまうので、みるみるうちに肥満となってしまう傾向にあります。 肥満になると、余分な脂肪が体内に蓄積されるので血行不良になったり、代謝が極端に下がるので体に不調をきたすのです。 すると、脱毛を起こしやすい環境となってしまいます。 食事をするときは20分以上かけてゆっくり食べるようにしてください。 寝る前に食事は控えるだけで深い睡眠が取れる 寝る前に食事をしてしまうと、消化吸収活動を体内でおこなうため血流が促進するため、深い睡眠を得ることができなくなります。 育毛にとって睡眠時間の確保はとても大切な要素です。 また、同じカロリーを摂取したとしても夜遅い時間に食べたほうが、脂肪になりやすいというデータも発表されています。 よーするに、太りやすくなるということなので代謝低下や血行不良を招きます。 肥満は育毛環境にとって大敵なので、就寝前の食事は控えておきましょう。 ばっかり食べはせずにバランスを大切にする 先程は、髪に良い食材をご紹介しましたが「これが食べやすかったから…ずーっと同じ物を食べています」という食べ方はやめましょう。 なぜなら、栄養が偏ってしまい過剰症といって、体にとって取り過ぎては良くない栄養素(脂溶性)もあるからです。 育毛環境を整えるなら、栄養のバランスがもっとも大切となってきますのでしっかり意識してください。 旬の食材を意識的に摂取すると栄養価は倍に! 旬の食材って食べたら美味しいですよね。 その理由は、栄養価が普段と旬のときで倍近く代わってくるからです。 例えば、ほうれんそうの場合なら100g中にビタミンC20mgが通常時ですが、旬の時に食べるとなんと60mgになります。 なので旬のほうれんそを食べると約3倍というわけです。 スーパーでは、旬に問わず色んな食材が揃いますがなるべく季節のモノを意識して食べるだけでも、栄養バランスはグンっと変わってきます。

和の食材を意識したら育毛環境が改善する!?

突然ですが…、
「ここ一週間の内に和食を食べましたか?」

この問いに「・・・。」と答えてしまったあなたは、
肉中心の欧米化スタイルの食事になっています。

「何が悪いんだ!?」と思うかもしれませんが、脂質の取り方に問題があるんです。

脂質は、もちろん体に必要なエネルギー源となり必要不可欠ですが、とりすぎるとエネルギーの過剰摂取により肥満となります。
そして、肉類には飽和脂肪酸が多く含まれているため、摂取しすぎると動脈硬化を患ってしまいます。

動脈硬化は、血流の流れを阻害するので当然ながら頭皮の血行も悪くするので、結果として脱毛してしまいハゲてしまうのです。

ハンバーグ、ステーキ、焼き肉など肉中心の食事は美味しいですが、本当にそのままの生活を続けていたら薄毛は改善することはありません。

もし、本気で育毛に取り組みたいと思っているなら
ここからお伝えする内容の食生活に変えて過ごしてください。 和の食材は「まごはやさしい」 髪に良い、和の食材といってもパッと思いだせないので「まごはやさしい」と覚えて、頭文字をとった食材を覚えましょう。 ま=まめ  ご=ごま  わ=わかめ(海藻)  や=野菜 さ=魚  し=しいたけ  い=いも 色とりどりの食材 緑黄色野菜や淡色野菜などを取り入れることで、ビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかりと取り入れることができます。 植物油や魚の脂を意識してとる オリーブオイルに含まれているオレイン酸、青魚に含まれるDHAやEPAは体に良いとされる不飽和脂肪酸なので積極的に摂取しましょう。 フルーツやナッツはミネラルの宝庫 ナッツ類やドライフルーツはミネラルが豊富です。フレッシュフルーツはビタミンがたっぷり含まれているので、栄養バランスを整えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました