薄毛・抜け毛が気になるけどリンスやトリートメントは使っても大丈夫?

育毛シャンプー リンス 育毛シャンプー

「ハゲが気になってるけど…リンスやトリートメント使っても大丈夫?」

こういった不安もたまに脳裏をかすめますよね。

正しい使い方をすれば大丈夫!
髪のダメージ具合に応じてリンス剤やトリートメント剤を使用してください。

でも、一つ注意しておくことがあります。
それは、毛先を中心に髪の毛だけに塗布することです。

くれぐれも頭皮にベッタリと直接揉み込んだりしないでください。
すすぎ残しすると、頭皮に汚れが付着しやすくなって薄毛の原因になったり、最悪の場合は炎症を起こすことも考えられます。

こういった頭皮トラブルを起こさないように、リンス・トリートメントのやり方をお伝えします。

ちょっとした事で、髪がイキイキしてくるので実践してみてください。

正しいリンス・トリートメントの使い方

リンス・トリートメントの使い方

  1. 毛先を中心に髪の毛だけに塗布する
  2. 蒸しタオルで頭全体を包み、シャワーキャップをかぶる
  3. 数分間はそのまま放置(その間にカラダを洗っておく)
  4. しっかりとすすぎ流します
  5. 水分の拭き取りは乾燥タオルで頭を包み、指先でポンポン叩くか揉む

※水分の拭き取りは頭皮を擦らないようにしましょう。

リンス・トリートメントをして蒸しタオルで頭皮を覆うことで、頭皮の血行を促しながら髪のダメージ補修を助けてくれるので一石二鳥ですよ。

リンスとトリートメントはどっちが効果高いのか?

今日でリンス・トリートメントの効能効果の違いも知っておいてください。

リンス
リンスとは「すすぐ」という意味合いもち、お湯や水で頭髪に付着しているシャンプー剤や汚れをすすぎ流す役割があります。業界では「リンシング」と呼ばれています。

トリートメント
トリートメントは「処理ならびに手当」という意味合いになっているので、髪のダメージを修復するという役割となっています。

そうなんです。
リンス剤よりもトリートメント剤のほうが髪のダメージを修復する効果が高いです。

どちらも主成分は同じですが、有効成分の濃度や乳化粒子の細かさ、頭髪への浸透力がトリートメント剤のほうが高くなるように配合されてます。

すごい薄毛に悩まされている人は控えたほうが良いかも…

それは、リンス・トリートメント剤の中にはソフトニング効果やサラサラ効果が高いものもあるので、極度な薄毛に悩んでいる人は控えておいてください。

薄毛の原因は、「ハゲが酷くなった気になる=ストレス」でさらに追い打ちをかけることが多いです。

気になる性格のひとは、正しいシャンプーの仕方だけでも育毛環境は十分なので続けてください。

髪のダメージも最近気になっていたという人は、さっそく 「正しいリンス・トリートメントの使い方」を実践してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました