育毛は睡眠が大切!髪がフサフサになるために時間も質もこだわるべき

育毛 睡眠 育毛のコツ

睡眠不足のときって「頭が重たい」「集中力がない」「体がだるい」「立暗みがする」など、いろんな不調が体にでてきますよね。

睡眠不足は心身にとってよくありません。

もちろん睡眠不足は髪にとっても大敵なんです。

睡眠が髪によくないのはなぜか、まずは睡眠と育毛ケアについて説明しますね。

睡眠と育毛の関係

成長ホルモンは年齢を重ねると減る

成長ホルモンの分泌は加齢とともに減っていきます。

だから若い頃のままの感覚で、短く質の悪い睡眠を続けていると、成長ホルモンはさらに少ない状態になってしまうんです。

成長ホルモンが少ないということは、髪を作ることができませんから、抜け毛だけが増えて髪は薄くなっていきます。

年を重ねるごとに、質のよい睡眠にこだわって薄毛予防しましょう。

質のいい睡眠がなければ、どんなに高価な育毛剤を使ったとしても髪は育ちません。

育毛環境を整えるために睡眠時間はしっかり確保しましょう

育毛に最適な寝る時間帯

育毛には効果的に睡眠する時間帯があります。

髪は21時ごろから毛根部の細胞分裂が活性化。
22時から翌日の2時ごろが育毛に最適な時間です。

時間帯を考えると、遅くても24時までには就寝することが、少しでも多くの成長ホルモンを分泌させるポイントです。

人間の体に必要な睡眠時間は6~8時間

「私は4時間ぐらいの睡眠で目覚めパッチリ!」って人もいますよね。
これはショートスリーパーといって、ごく短い睡眠時間でも大丈夫な体質な人です。

しかし、一般的には6~8時間程の睡眠がなければ「精神、肉体」のいずれかに支障をきたしてしまいます。

また、睡眠不足が長期にわたると、ホルモンの分泌が減り、毛母細胞の細胞分裂も低下してします。さらに、頭皮の血行がわるくなるなど、育毛環境を妨げます。

「あの人が4時間しか寝てないからまねてみよう!」と安易な考えで睡眠時間を削らないでください。
育毛には、しっかり睡眠時間を確保することが、成功の第一歩となります。

タイトルとURLをコピーしました